相続財産の評価

3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (60) 相続財産の評価

(60) 自用地としての価額が5,000万円、借地権割合が70%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%の貸家建付地の相続税評価額は、(  )である。 1,500万円 3,500万円 3,950...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (30) 相続財産の評価

(30) 相続税額の計算において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、相続開始時においてその契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価する。 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (60) 相続財産の評価

(60) 相続税の計算において、宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① )までを限度面積として、評価額の( ② )相当額を減額した金額を、相...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (59) 相続財産の評価

(59) 2019年9月2日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の<資料>によれば、(  )である。 <資料>上場株式Xの価格 ...
3級FP/2019年5月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年5月 (問12) 相続財産の評価

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  会社員のAさん(57歳)は、11年前に父親の相続により取得した甲土地を所...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (60) 相続財産の評価

(60) 相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① )までを限度面積として、評価額の( ② )相当額を減額した金額を...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (59) 相続財産の評価

(59) 賃貸アパート等の貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、(  )の算式により算出される。 自用家屋としての評価額 ×(1 - 借家権割合 × 賃貸割合) 自用家屋としての評価額 ×(1...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (60) 相続財産の評価

(60) 2019年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者と子3人の計4人である場合、相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額は、(  )となる。 5,000万円 5,400万円 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (59) 相続財産の評価

(59) 下記の<親族関係図>において、遺留分算定の基礎となる財産の価額が9,000万円であり、相続人が合計4人である場合、二男Eさんの遺留分の金額は、(  )となる。 750万円 1,125万円 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (30) 相続財産の評価

(30) 取引相場のない株式の相続税評価において、純資産価額方式とは、評価会社の株式の価額を、評価会社と事業内容が類似した上場会社の株価および配当金額、利益金額、純資産価額を基にして算出する方式である。 ...
error:Content is protected !!