相続財産の評価

3級FP/2021年5月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2021年5月 (問14) 相続財産の評価

問14 下記<資料>の宅地の借地権(普通借地権)について、路線価方式による相続税評価額として、正しいものはどれか。なお、奥行価格補正率は1.0とし、記載のない条件については一切考慮しないこととする。 1...
3級FP/2021年5月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2021年5月 (問15) 相続財産の評価

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。 設例  Aさん(75歳)は、個人で不動産賃貸業を営んでいる。Aさんの推定相続人は...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (60) 相続財産の評価

(60) 国税庁が公表している路線価図において、路線に「300C」と付されている場合、「C」の記号は、借地権割合が( )であることを示している。 60% 70% 80% ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (59) 相続財産の評価

(59) 2021年5月11日(火)に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の<資料>によれば、( )である。 <資料>上場株式Xの価格 ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (30) 相続財産の評価

(30) 被相続人の配偶者が、被相続人の居住の用に供されていた宅地を相続により取得した後、当該宅地を相続税の申告期限までに売却した場合、当該宅地は、相続税の課税価格の計算上、特定居住用宅地等として「小規模宅地等についての相...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (60) 相続財産の評価

(60) 自用地としての価額が5,000万円、借地権割合が70%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%の貸家建付地の相続税評価額は、(  )である。 1,500万円 3,500万円 3,950...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (30) 相続財産の評価

(30) 相続税額の計算において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、相続開始時においてその契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価する。 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (60) 相続財産の評価

(60) 相続税の計算において、宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① )までを限度面積として、評価額の( ② )相当額を減額した金額を、相...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (59) 相続財産の評価

(59) 2019年9月2日に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の<資料>によれば、(  )である。 <資料>上場株式Xの価格 ...
3級FP/2019年5月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年5月 (問12) 相続財産の評価

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  会社員のAさん(57歳)は、11年前に父親の相続により取得した甲土地を所...
error:Content is protected !!