貯蓄型金融商品

3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (12) 貯蓄型金融商品

(12) ゆうちょ銀行においては、従来、通常貯金と定期性貯金を合わせて1,300万円が預入限度額となっていたが、2019年4月1日から、それぞれ2,000万円に変更された。 解答解説 ...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (12) 貯蓄型金融商品

(12) 1,000,000円を年利1%(1年複利)で3年間運用した場合の3年後の元利合計額は、税金や手数料等を考慮しない場合、1,030,301円となる。 解答解説 ...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (13) 貯蓄型金融商品

(13) 元金1,000,000円を年利1%の1年複利で2年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、1,020,100円である。 解答解説 ...
3級FP/2018年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (42) 貯蓄型金融商品

(42) 元金2,000,000円を、年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、(  )である。 2,097,544円 2,120,000円 2,...
3級FP/2017年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (42) 貯蓄型金融商品

(42)  期間2年の金利を年率2%(1年複利)と仮定すると、2年後に受け取る1万円の現在価値は(  )となる。なお、答は円未満を四捨五入している。 9,600円 9,612円 10,404円 ...
3級FP/2017年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (11) 貯蓄型金融商品

(11) 個人が年0.01%、預入期間1年の大口定期預金に1億円を預け入れた場合、所得税、復興特別所得税および住民税の源泉(特別)徴収後の手取りの利息は、8,000円である。 解答解説 ...
3級FP/2015年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年1月 (41) 貯蓄型金融商品

(41) 元金2,000,000円を年率2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は,税金や手数料等を考慮しない場合,(  )である。 2,080,800円 2,120,000円 2,1...
3級FP/2015年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年5月 (41) 貯蓄型金融商品

(41) 元金5,000,000円を,年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は,税金や手数料等を考慮しない場合,(  )である。 5,202,000円 5,300,000円 5,...
3級FP/2016年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年1月 (42) 貯蓄型金融商品

(42) 3カ月満期、利率(年率)2%の定期預金に10,000,000円を預け入れた場合、3カ月を0.25年として計算すると、満期時の元利合計額は(  )となる。なお、税金や手数料等を考慮しないものとする。 ...
error:Content is protected !!