贈与税額の計算

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (26) 贈与税額の計算

(26) 子が同一年中に父と母のそれぞれから贈与を受けた場合、その年分の暦年課税による贈与税額の計算上、課税価格から控除する基礎控除額は、最高で220万円である。 解答解説 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (26) 贈与税額の計算

(26) 子が父から時価300万円の株式を50万円で譲渡を受けた場合、原則として父から子への贈与があったものとみなされ、贈与税の課税対象となる。 解答解説 ...
3級FP/2020年9月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2020年9月 (問15) 贈与税額の計算

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。 設例  個人で不動産賃貸業を営むAさん(70歳)は、K市内の自宅で妻Bさん(68...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (26) 贈与税額の計算

(26) 個人間において著しく低い価額で財産の譲渡が行われた場合、原則として、その譲渡があった時の譲渡財産の時価と支払った対価との差額に相当する金額について、贈与税の課税対象となる。 解答解説...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (27) 贈与税額の計算

(27) 相続税法の規定によれば、子が父から著しく低い価額の対価で土地の譲渡を受けた場合、実質的な贈与とみなされ、原則として、当該対価と譲渡を受けた土地の時価との差額に対して贈与税が課される。 ...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (26) 贈与税額の計算

(26) 個人が法人から贈与を受けた財産は、贈与税の課税対象となる。 解答解説 [正解] × (不適切) [解説] 個人から法人へ...
3級FP/2017年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (26) 贈与税額の計算

(26) 子が父の所有する土地を無償で借り受け、その土地の上に建物を建築した場合には、父から子へ借地権の贈与があったものとして贈与税の課税対象となる。 解答解説 ...
3級FP/2016年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年9月 (28) 贈与税額の計算

(28) 子が父の所有する土地を無償で借り受け、その土地の上に建物を建築した場合には、父から子へ借地権の贈与があったものとして贈与税の課税対象となる。 解答解説 ...
3級FP/2015年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年1月 (27) 贈与税額の計算

(27) 暦年課税による贈与税の計算において,同年中に父と母からそれぞれ贈与を受けた場合の基礎控除額は,220万円(110万円×2人)である。 解答解説 ...
error:Content is protected !!