道路に関する制限

3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、建築基準法第42条第2項により道路とみなされるものについては、原則として、その中心線からの水平距離で(  )後退した線がその道路の境界線とみなされる。 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (53) 不動産に関する法令①

(53) 建築基準法の規定では、都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地は、原則として、幅員( ① )以上の道路に( ② )以上接しなければならない。 ① 2m  ② 1.5m ① 4m  ...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (23) 不動産に関する法令①

(23) 建築基準法の規定によれば、都市計画区域および準都市計画区域内において、建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない。 解答解説 ...
3級FP/2019年1月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2019年1月 (問7) 不動産に関する法令①

問7  下記<資料>の建築基準法に定める道路およびそれに接する建築物の敷地に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。...
3級FP/2018年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (53) 不動産に関する法令①

(53) 都市計画区域および準都市計画区域内における建築物の敷地は、原則として、建築基準法上の道路に(  )以上接していなければならない。 2m 4m 8m 解...
3級FP/2017年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については、原則として、その中心線からの水平距離で( )後退した線がその道路の境界線とみなされる...
3級FP/2017年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年1月 (53) 不動産に関する法令①

(53) 都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については、原則として、その中心線からの水平距離で(  )後退した線がその道路の境界線とみなされ...
3級FP/2015年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年1月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 都市計画区域にある幅員4m未満の道で,特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については,原則として,その中心線からの水平距離で(  )後退した線がその道路の境界線とみなされる...
3級FP/2015年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年9月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 都市計画区域にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については、原則として、その中心線からの水平距離で(  )後退した線がその道路の境界線とみなされる...
3級FP/2016年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年5月 (23) 不動産に関する法令①

(23) 都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)について、その中心線からの水平距離で1m後退した線が当該道路の境界線とみなされる。 ...
error:Content is protected !!