遺留分

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (58) 遺言の基礎知識

(58) 下記の<親族関係図>において、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、長女Eさんの遺留分の金額は、( )となる。 2,500万円 5,000万円 7,500万円 ...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (58) 遺言の基礎知識

(58) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長男、長女および二女の合計4人である場合、二女の遺留分の金額は、(  )となる。 1,000万円 2,00...
3級FP/2018年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (58) 遺言の基礎知識

(58) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の妻、長女、二女の合計3人である場合、妻の遺留分の金額は(  )となる。 2,000万円 3,000万円 6,0...
3級FP/2017年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年1月 (57) 遺言の基礎知識

(57) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長女および二女の合計3人である場合、二女の遺留分の金額は(  )となる。 1,500万円 2,250万円 ...
3級FP/2015年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2015年9月 (27) 遺言の基礎知識

(27) 遺留分権利者は、被相続人の配偶者と直系卑属に限られる。 解答解説 [正解] ○ (適切) [解説] 遺留分権利者は、被相...
3級FP/2016年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年5月 (27) 遺言の基礎知識

(27) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。 解答解説 ...
3級FP/2016年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年1月 (56) 遺言の基礎知識

(31) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は、(  )となる。 4,500万円 6,000万円 9,000万円 ...
error:Content is protected !!