遺言の基礎知識

3級FP/2021年5月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2021年5月 (問13) 遺言の基礎知識

問13  宇野仁志さん(80歳)は、将来発生するであろう自身の相続について、遺産分割等でのトラブルを防ぐために遺言書の作成を検討しており、FPの青山さんに相談をした。遺言書に関する青山さんの次の説明のうち、最も適切なものは...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (58) 遺言の基礎知識

(58) 下記の<親族関係図>において、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、長女Eさんの遺留分の金額は、( )となる。 2,500万円 5,000万円 7,500万円 ...
3級FP/2021年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2021年1月 (問13) 遺言の基礎知識

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。 設例  Aさん(70歳)は、妻Bさん(70歳)との2人暮らしである。Aさん夫妻に...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (28) 遺言の基礎知識

(28) 公正証書遺言の作成においては、証人の立会いが必要であるが、遺言者の推定相続人はその証人となることができない。 解答解説 [正解] ○ (適...
3級FP/2019年5月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年5月 (問15) 遺言の基礎知識

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問12》~《問15》)に答えなさい。 設例  Aさん(72歳)は、妻Bさん(65歳)との2人暮らしである。Aさん夫妻に...
3級FP/2020年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2020年1月 (問14) 遺言の基礎知識

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。 設例  Aさん(70歳)は、妻Bさん(68歳)および長女Cさん(42歳)とX市内の自...
3級FP/2020年9月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2020年9月 (問14) 遺言の基礎知識

問14  下記は、普通方式による遺言の特徴等についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、問題作成の都合上、表の一部を空欄(***)としている。 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (27) 遺言の基礎知識

(27) 自筆証書遺言を作成する場合において、自筆証書に添付する財産目録については、自書によらずにパソコンで作成しても差し支えない。 解答解説 [正...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (58) 遺言の基礎知識

(58) 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長男、長女および二女の合計4人である場合、二女の遺留分の金額は、(  )となる。 1,000万円 2,00...
3級FP/2018年9月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2018年9月 (問15) 遺言の基礎知識

問15  中井さんは、FPの浅田さんに公正証書遺言について質問をした。この質問に対する浅田さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。 <浅田さんの回答> 「公正証...
error:Content is protected !!